BACKGROUND
事業引継ぎを知る
今後10年間で、中小企業の約半数が世代交代の時期に。
事業引継ぎ問題は、他人事ではありません。
最近20年間で、経営者の高齢化が進行。
中小企業経営者の年齢のピークは、20年間で47歳から66歳に推移。
多くの中小企業にとって、事業引継ぎは目を背けられぬ課題であることを浮き彫りにしています。
【中小企業の経営者年齢の分布(年代別)】
出典:
中小企業庁委託「中小企業の成長と投資行動に関するアンケート調査」(2015年12月、株式会社帝国データバンク)
株式会社帝国データバンク「COSMOS1企業単独財務ファイル」、「COSMOS2企業概要ファイル」再編加工
経営者の平均引退年齢も、大きく上昇。
経営者の引退年齢も、時代の変化と共に大きく上昇。小規模事業者では、70歳の大台を突破しています。
この背景には、事業を次の世代に譲りたくてもなかなか引継ぎ手がいないという現実もあるようです。
【経営者の平均引退年齢の推移】
出典:中小企業庁委託「中小企業の事業承継に関するアンケート調査」(2012年11月、(株)野村総合研究所)
増加する親族外、第三者への事業引継ぎ。
従来、9割以上の中小企業は親族に事業を引継いでいました。
しかし、現在ではその割合は4割以下に低下。
当たり前とされていた「親族が家業を継ぐ」という考え方が
成り立たない時代になりつつあるのです。
【事業承継時期別の現経営者と先代経営者との関係】
出典:中小企業庁委託「中小企業の資金調達に関する調査」(2015年12月、みずほ総合研究所(株))(再編・加工)
経営者の高齢化、後継者不在を背景に
事業を次の世代に引継ぐことが困難になっています。